クリニックで切除

クリニックで切除

脂漏性角化症の治療では、炭酸レーザーでの治療法、液体窒素での治療法が主になってきます。
これは、一般的に脂漏性角化症という皮膚疾患が良性のものであるということが基本となっています。
しかし、稀に良性と言われている脂漏性角化症の中でも、診察の結果悪性の可能性があるという場合もあります。
このような場合は、炭酸ガスレーザーや液体窒素での治療法を行うと、悪性か良性かの見極めができません。
そのような場合に、採用されるのが切除という方法です。
一般的な大きさの脂漏性角化症では、悪性という場合はほとんど無いに等しいと言えます。
しかし、大き目の場合で色や形などの見た目、出血があったりすると医師も病理検査に出すことを勧めて来ます。
切除する大きさは一部の場合もあれば、全てという場合もあるでしょう。
もちろん、この病理検査で何事も無い場合もありますのであまり気に病むことなく、念のために病理検査を受けてみるといいでしょう。

 

気になるのは、切除や病理検査をしてもらうと高くつくのでは・・・?という不安ですが、こちらは心配無用です。
切除や病理検査は保険適用となっています。安心して切除してもらい、しっかりと病理検査してもらいましょう。