液体窒素での治療

液体窒素での治療

かなり前から皮膚科で行われていたイボ治療が、液体窒素を用いた方法です。
多くは、イボになるとこの方法で処置されて来ました。簡単に言えば、患部を液体窒素を使って低温やけどさせてしまうという方法。
低温やけどと言えば、ドライアイスなどを持っていたりしてなってしまったという人もいるかもしれません。

 

液体窒素を患部に当てて、マイナス約200度程の液体を患部にあてると、低温やけどの状態になります。
無理やり、低温やけどをさせてしまうことにはさまざまな意見もありますが、こうすることによって皮膚表面にできた異常組織を撃退するのです。
壊死した皮膚ですが、イボの芯が皮膚の表面に出て来ます。1回ではそうも行かずに、複数回必要です。
このようなやや手荒な処置方法ですが、イボの根絶には効き目があります。
しかし、皮膚の色が分かってしまったという意見もありますし、水泡や内出血が起きてしまうこともあります。
気になる水泡や内出血は潰すことが無いようにしましょう。

 

液体窒素を使ってのイボ治療ですが、この治療法のメリットは費用の負担がそこまで変わらないといものです。
保縁適用で治療に通いやすいということが言えます。
また、気になる情報として、脂漏性角化症の治療で最初から液体窒素を使った治療法で受診できるクリニックは少なくなっています。