顔の側面〜首筋〜鎖骨の茶色のポツポツは何?

脂漏性角化症

顔の側面から、首、鎖骨にかけて茶色のポツポツができてしまう皮膚疾患を、脂漏性角化症と言います。
脂漏性角化症は、加齢に伴って発症する皮膚疾患ですが、中には若い年齢層の患者もいます。
20代の若者でも、この脂漏性角化症にかかってしまうことがあり、近年増加中です。

 

話を元に戻しますが、脂漏性角化症は年齢が高くなれば発症率が高くなりますが、80代を超えると100%の割合で発症します。
確かに、私の祖父も祖母も顔の側面から首に掛けて茶色のシミがありました。
特に色白の祖母はそのシミが目立っていた記憶があります。
脂漏性角化症のできやすい場所が、皮膚の柔らかいところと言われています。
それにプラスするように、紫外線が当たりやすい場所であることは確かです。
年齢を重ねると、肌のターンオーバーが狂ったり、遅くなったりします。
これまで浴びた紫外線がしっかりとターンオーバーされずに皮膚に溜まってしまうと、40歳ころから脂漏性角化症という皮膚疾患となるのです。
最初は1つや2つだったしみも、ときが経てば広範囲に広がってしまうのです。
とは言っても、この脂漏性角化症は良性の老人性イボという別名があるくらいなので、一般的には健康上は問題ありません。

 

脂漏性角化症 若者の場合はこちらをクリック!
脂漏性角化症 40代以上の人の場合はこちらをクリック!

 

脂漏性角化症の対処法をみる 

老人性疣贅って何だろう? 

参照リンク

老人性疣贅を除去する方法・・・老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)は、老人性いぼ、脂漏性角化症とも呼ばれるいぼです。
糸状疣贅の症状と治療・・・イボの一般的な治療では、レーザー・液体窒素・内服などの方法があります。
脂漏性角化症について・・・別名「年寄りイボ」と呼ばれているこの症状は、その名のとおり年齢を重ねると私たちの皮膚に現れるものです。